福島のうまいものが食べられる東京の店

食べて欲しい!ふくしまのとっておき

野菜、果物、米,、酒、魚、肉
うまい!っと思わず声が出てしまう、
ふくしまのおいしいもの。
そんな、ふくしまの逸品が食べられる店が東京にはたくさんあります。
どうしてふくしま食材を扱うのか、 どうしてお店を始めたのか、
もっと知って欲しい、そして食べて欲しい。
ここから沢山の人達と、ふくしまがつながってほしいと思っています。

まじうまコラム

ふるさと会津、母への思いがあふれる
「身知らず」店主 山田信彦(やまだ のぶひこ)

サラリーマン生活から転身。新橋駅前に会津の家庭料理、郷土料理の店を始めた。

元明治大学漕艇部出身だけある大きなガタイ。無口で、どこか無骨に見える男が出す手料理は、子どもの頃から母親に食べさせてもらった、会津の家庭料理や郷土料理。くじら汁、棒ダラ、にしんの酢漬け、こづゆ、馬刺し…。「これしか料理は知らねぇから」といいながら、食材を会津から仕入、店名に会津名産の高級柿の名を付けたのは、会津への思い、母の手料理への感謝の思いがさせている。

  • 日本橋ふくしま館 MIDETTE
  • ふくしまプライド

お食事処 やかた

店舗紹介 東京メトロ浅草駅近のホテルニュー魚眠荘1F。お食事は会津料理中心、中でも南会津から仕入れる蕎麦がおす…

海と

店舗紹介 新鮮な魚介類を産直で取り寄せるほか、養鶏場を自社で保有し、毎日新鮮な“山形さくらんぼ鶏”…

金澤亭

店舗紹介 創作うどん専門店の看板通り、うどんをいろいろな料理で楽しむことができる。喜多方出身のオーナーは、イタ…

玄海 本店

まもなく創業90年の水たきの老舗。伊達鶏にこだわり、素材を最大に生かす独自の料理法で珠玉の水たきを誕生させた。…

かわうち

店舗紹介 店主は川内村出身。震災後、早稲田大学周辺商店連合会として学生たちと東北支援として食材をメニューに取り…